ブログ

カテゴリー別アーカイブ: 電気制御工事の施工事例

電気炉の冷却設備運転表示灯のLED化工事

鋳造工場にて、冷却設備の運転表示灯の交換を行いました。

お客様がこれまで表示灯に使っていた電球は非常に古いもので点灯が不安定だったため、LEDの表示灯に変更しました。

表示灯は、工場内の機器の稼働状態を示し、異常を的確に知らせるなど安全対策や設備の保守にとって重要な役割を担っています。

点灯が弱まり見づらくなったと感じたらすぐに交換しましょう。

工事前の様子

表示灯 点灯時

9-1編

光が弱まり、点灯しているかが見づらい状況になっていました。

当社の提案・施工内容

既存の表示灯は、電球を固定するソケット部が破損しており部品も廃盤となっていたため、LEDの表示灯に交換しました。

これまで表示灯に一般的に使用されてきた白熱電球の寿命が1,000~2,000時間であるのに対し、LEDは約3万時間と言われています。

これにより、以前ほど頻繁に交換が必要なくなります。

施工の様子

表示灯 点灯時

9-3編

LEDに交換し、明るく点灯するようになりました。交換前と比べると違いが一目瞭然です。

当社スタッフより

表示灯は工場内に多数存在します。

同じタイミングで設置・交換したとしても、その場の環境によって表示灯の寿命は大きく異なります。

皆様の工場内で視認性の低下した表示灯が無いか見回りをし、あった場合にはすぐに交換をすることをおすすめします。

ブローガン取付工事

鋳造工場にてブローガン取付工事を行いました。

これまではエアブローを取り付けていましたが、新製品のブローガンを代わりに取り付け、砂回収状況とエアー使用量削減の効果を図りたいとのご要望でした。

工事前の様子

ブローガン設置前

9-1編

ブローガン設置前の砂処理設備の様子です。

フリッカータイマー設置前

9-2編

ここに新たにフリッカータイマーを設置します。

当社の提案・施工内容

ブローガンを設置するとともに、フリッカータイマーを設置しました。

ONとOFF時間を個別に設定できるフリッカータイマーを設け、それによりブローガンを制御することで、最小限のエアー使用量で砂処理を行えるよう提案しました。

施工の様子

ブローガン設置後

9-3編

砂処理設備にブローガンを設置しました。

フリッカータイマー設置後

9-4編

あらかじめ敷設されたレールにフリッカータイマーを追加しました。

実験用キット

9-5編

ブローガンとフリッカータイマーの実験用キットです。

当社スタッフより

仮設でお客様に効果を見学してもらえるよう、ブローガンとフリッカータイマーの実験用キットを作成しました。

その後、実験用キットで効果が認められたため別日に施工しました。

新たな機器と共に、最適なタイマーを設置することで、工場の省エネ化を図っていきます。

低周波電気炉の電気部品交換工事

鋳造工場における電気部品の交換工事を行いました。

制御盤の表示灯をより視認性の良い表示灯への交換依頼のご要望をいただきました。

古い表示灯は、光が弱くなり視認性が低下したものもあるため、新しくてより見やすい表示灯への交換をおすすめしています。

工事前の様子

表示灯
3・15

赤いランプが点灯していますが、非常に見にくい状況です。

表示灯の配線
16

非常に古いものでした。

当社の提案・施工内容

より明るく、見やすい表示灯にするため、LED表示灯への交換をご提案させていただきました。

また、配線もよりコンパクトにまとまるようにしました。

施工の様子

LED表示灯
3・15

新規プレートを取り付けてLED表示灯へと交換しました。

LED表示灯の配線
16

新規プレートとともにLED表示灯の配線を整理しました。

当社スタッフより

社員8

かなり旧式の表示灯で現行品と取付穴が大きく異なるため、既設の取付穴は使用せず、新規にプレートを取り付けての対応とさせていただきました。

表示灯を交換する機会はなかなか無く、今回のように古くて見づらいものを使い続けていることは良くあります。

視認性の高い表示灯への交換は、重要な安全対策のひとつでもあります。

配管配線工事

鋳造工場における配管配線工事を行いました。

設備改造をしたいが既設の電線管が障害となって改造できないため、電線管のルートを変更してほしいとの要望でした。

当社は、今回のような設備改造に伴う電線管のルート変更工事の実績も豊富にあります。

工事前の様子

施工前 電線管ルート
3・15

壁に沿ったルートが敷設されていました。

当社の提案・施工内容

電線管のルートを変更する場合、既設のケーブルが短く足りなくなります。

そのため、中継ボックスを設けて電線管のルートを変更しましょうというご提案をさせていただきました。

施工の様子

施工後 中継ボックス追加
3・15

既存のルートに、中継ボックスを追加しました。

中継ボックス 拡大
16

左側のケーブルが新しいもの、右側が既存のケーブルです。

当社スタッフより

55

既設のケーブル自体がかなり古くなり、硬化していました。

今回2次側はケーブルが新しくなってますので、1次側のケーブル更新をおすすめいたしました。

このように、設備改造はケーブルの更新のひとつのきっかけにもなります。

皆様の工場でも、配管・配線でなにかお気づきのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

タッチパネル表示器プログラム改造工事

鋳造工場において、タッチパネル表示器の改造工事を行いました。

設備の稼働時間など稼働状況がわかるようにしたいとのご要望でした。

新しくデータ表示器を導入するのではなく、既存のものにデータだけを追加したいというご要望も多いです。

当社ではそのようなご要望にも対応可能です。

工事前の様子

施工前 メイン画面
3・15

こちらのタッチパネル表示器に、あらたなデータを表示したいとのご依頼でした。

当社の提案・施工内容

タッチパネル表示器に、「1日単位の総稼働時間のグラフ」の追加、「設備の1サイクルがスタート、ストップした日時の履歴」の表示追加の仕様をご提案させていただきました。

また、集計した稼働データを外部ストレージに読み出し、エクセルで処理する方法もご説明させていただきました。


施工の様子

施工後 稼働時間
3・15

一日の総稼働時間のグラフを表示できるようにしました。

当社スタッフより

55

表示したい内容やご要望に対して、設備の仕様や既設表示器の機能、ご予算に合わせて改造内容をご提案させていただきました。

工場内の稼働状況の見える化は、省エネの観点からも非常に重要です。

新しく導入したい、既存の機器に新たに機能を追加したい等の要望がございましたら、お気軽にご相談ください。

信号ケーブル交換工事

鋼板工場において、信号ケーブルの交換工事を行いました。

既存のケーブルが劣化し断線する恐れがあるので、新品に交換してほしいとのご要望でした。

劣化によりケーブル内部がむき出しになっていると、断線だけでなく漏電などの発生の可能性もあるので、早めに対応しましょう。

当社では、各環境に適したものへの交換工事を行っております。

工事前の様子

施工前 ドラムリール部のケーブル
3・15

大型のドラムリールに対し、ケーブルの強度が足りておらず、内部の配線がむき出しになっています。

施工前 中継ボックス
16

中継ボックス内のケーブルが整理されておらず、強い張力がかかったケーブルもありました。

当社の提案・施工内容

既存のケーブルがドラムリールに対応していないキャブタイヤケーブルを使用していたため、今回は、張力、捻回、
屈曲に強いキャブタイヤケーブルを選定し、ご提案させていただきました。

また、ドラムリールの張力が強く、中継ボックス内のケーブルが引っ張られ断線する恐れがあったので、そちらも張力が掛からないようにしました。


施工の様子

施工後 ドラムリール部のケーブル
3・15

ドラムリールの強い力に対応したケーブルに交換しました。

施工後 中継ボックス
16

中継ボックス内のケーブルを整理し、強い張力がかからないようにしました。

新旧ケーブル比較
17

新しいケーブルとの違いが一目でわかります。

当社スタッフより

55

線番の両端、端子台番号が合っておらず、また図面とも照合できなかったため、調査に時間がかかりました。

このように、図面と現場が照合できないことはよくあります。

チェックせずに作業を進めると、設備が稼働できず大損害が発生したりします。

日常、気になっている面倒な修正点がある場合には、私たちにお気軽にご連絡ください。

高周波電気炉の電気部品交換工事

鋳造工場における電機部品交換工事を行いました。
使用頻度の高い電磁接触器等の交換をしてほしいとのご要望をいただきました。

工事前の様子

電磁接触器
3・15

高周波電気路の電磁接触器の様子です。

当社の提案・施工内容

過去の交換履歴より電磁接触器の摩耗時期を予想し定期的に交換することをご提案させていただきました。
故障が起きると工場全体が数日ストップしてしまうこともあります。
使用頻度の高い設備は特に定期的な点検と交換が必要です。

施工の様子

電磁接触器 施工後
3・15

電磁接触器を新しいものへと交換しました。

当社スタッフより

社員4

インチング操作が多く使用頻度も高いため、摩耗する前に交換できるよう交換時期を管理し対応するようにしています。

また、同機種がこの定期交換を前に交換するという事例から電磁接触器のサイズアップをしています。

連続ショットブラストの電気部品交換工事

鋳造工場における電気部品の交換工事を行いました。
連続ショットブラストで唸りが発生していたため、、電磁気接触器の交換をしてほしいとのご要望をいただきました。

工事前の様子

電磁接触器全体
3・15

こちらで唸りのような異常音を確認しました。

スター用電磁接触器
16

特にこの部分から唸りが発生していました。

当社の提案・施工内容

唸りの発生を確認し、モーターは起動できましたが交換をご提案させていただきました。
異常な音などを確認した場合は、故障する前に交換することをおすすめしています。

施工の様子

電磁接触器全体 施工後
3・15

施工後の電磁接触器の様子です。

スター用電磁接触器 施工後
16

電磁接触器を新しいものへと交換しました。

当社スタッフより

社員3

スター起動時のみの唸りでしたのでスター用電磁接触器が原因であろうと考え交換しました。交換後唸りはなくなり、持ち帰った電磁接触器を励磁させたところ同機種の新品の電磁接触器にはない唸りが確認できました。

照明設備更新工事

石油製品製造工場にて、照明設備更新工事を行いました。

対象の照明が点灯しないので原因を究明して新しい照明に交換してほしいとのご要望をうけての工事でした。

照明は頻繁に交換するものではなく、設置して以来交換していないケースもございます。

ただ照明を交換するだけではなく、その環境特有の劣化原因を明確にしていきます。

工事前の様子

故障した照明の設置場所
3・15

問題の照明が設置されている場所です。

故障した照明
16

非常に古い照明で、錆ついています。

当社の提案・施工内容

一度照明周辺を分解して点灯不良の原因を追究した結果、照明配線の結線部分に水が入り、ショートしていたことが
原因だとわかりました。

新しい照明に交換したうえで、対象機器周辺の防水を確実に行うご提案をさせていただきました。

施工の様子

新しい照明の設置
3・15

新しい照明に交換しました。

当社スタッフより

55

施工中、水漏れのせいで配管がさび付いて中々外すことが出来なかった箇所もありました。

工場によって環境は様々です。

劣化の原因を追究し、その環境の改善策を提案するだけではなく、照明の種類によって劣化しやすい環境も異なるため、お客様の工場にあった照明の提案も行っていきます。

高圧受電盤清掃

鋳造工場にて、高圧受電盤の清掃を行いました。
粉塵が多いところなので、充電部を中心にきれいに清掃してほしいとのご依頼でした。

電気工事のご依頼をいただく際、今回のように清掃作業も一緒に行うことが良くあります。
電気設備の事故防止のために、定期的な砂除去などの清掃は非常に大切です。

当社の提案・施工内容

工場内全体が粉塵が舞っているので、絶縁部の碍子にかなり粉塵が堆積してました。
充電部を中心に、お客様自身では清掃が困難な箇所などの粉塵清掃を行いました。

施工の様子

清掃後 高圧受電盤
3・15

細かく入り組んだ部分に積もっていた砂もきれいに清掃しました。

清掃後 高圧受電盤 全体
16

盤の表面やコードの端も入念に清掃しました。

当社スタッフより

55

高圧受電盤などの電気設備が入っている場所は頻繁に出入りする場所ではないので、粉塵が堆積してしまいがちです。
しかし、電気設備内に粉塵が入ってしまうと、爆発事故にもつながりかねません。
事故防止のためにも、電気設備内の定期的な清掃が重要です。

私たちは、電気工事に伴い、お客様自身では清掃が困難な箇所の清掃も承っています。