ブログ

コンプレッサの暑さ対策 夏のトラブル対策&すぐできる省エネ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

コンプレッサについてこのようなお困りごとはございませんか?

☑夏になるとコンプレッサ室が暑くなる(40℃以上)…
☑コンプレッサ室が暑くなると、エアが足りなくなる…
☑さらに、熱がこもるとコンプレッサが止まる…
☑故障が増えて、修理メンテナンス費が掛かる…
☑本体の故障も増えて、買取・購入費も嵩む…

実は、吸気温度を10℃下げるだけで3.8%省エネ!

PLACEHOLDER_27840cf6e6e9f776_1

 

 

 

 

 

 

 

上記の図は、コンプレッサの吸引温度と消費電力の関係を表した図となります。
吸引温度が低ければ低いほど省エネにつながり、高ければ高いほど、増エネになることがわかります。例えば、吸引温度が30℃とした際の消費電力を100%とすると、実は、吸引温度が35℃まで上がると約1.8%の増エネになります。
反対に、25℃まで冷やすと2%ほど省エネになる。
よって、夏場いかに吸引温度を低減させるかが省エネにおけるポイントです。

吸引温度を低減させる”カンタン”な方法は以下のような方法があります!

 

屋根・壁からの熱の流入を防ぐ

画像2

 

 

 

 

 

給気量・排気量を見直す

https://stratus.campaign-image.jp/images/1835000000691004_zc_v1_1719824154373_画像3.jpg

排気用ダクトを接続して、断熱する

 

今お使いのコンプレッサの使用環境は大丈夫ですか?

チェックシートで自己診断してみてください。

画像3

 

 

 

 

全てにチェックがつかなかった場合は、お気軽にサイテックにご連絡ください!

当社は、省エネ・脱炭素のニーズにお応えするため、幅広い省エネサービスを展開しており、
岡山県倉敷市を中心に県南エリアにてスピード対応でお悩みを解決します!