ブログ | サイテック|岡山・倉敷の電気制御工事・電気回路設計・工場IoT化

ブログ

鋳造工場における電気制御工事

鋳造工場は特殊環境であり電気工事一つにしても相応の配慮が必要になります。

高温の溶湯を取り扱うため、炉や鋳物砂、製品などを取り扱う場所の周囲温度は他の工場よりも高いです。

また、溶湯の付近では湯こぼれや飛散といった溶湯による直接的な被害を考慮する必要があります。

私達は今までの工事実績から、それらを踏まえた工事提案をします。

電気制御機器にとって注意が必要な鋳造工場の特徴

鋳造工場の環境は、電気機器にとって苦手とする環境が多いです。

 □高温環境(電気制御機器は熱に弱く、劣化が早まってしまう)


 □粉塵が舞った環境(鋳造砂やショット玉を使用するため、注意が必要です)


 □溶湯の付着(溶湯が電気機器に付着すると、そこから漏電などの可能性も)

これらの特徴を踏まえ、その環境を十分考慮した機器選定・工事が必要です。

オフディレイタイマー1

鋳造工場の注意点に対応した工事方法

鋳造工場特有の問題に対し、私たちは各問題に対応した工事ノウハウを有しています。

それらの一部をご紹介します。

課題1.制御機器が熱によってすぐに劣化・故障してしまう…

⇒解決策:制御機器の設置環境の選定を行い、また冷却対策(盤クーラーの設置など)を行う

課題2.ケーブルが熱によってすぐに使えなくなってしまう…

⇒解決策:ケーブルの耐熱性や温度による許容電流値の変化を考慮した選定を行う

課題3.造型時に使用される離型剤や表面安定剤などが大気中に飛散している…

⇒解決策:薬剤の成分によってはケーブルに耐油性や耐薬品性のものを使用して都度確認しながら施工

課題4.湯こぼれや溶湯の付着により機器やケーブルがすぐにダメになる…

⇒解決策:湯こぼれを考慮した配線ルートの選定、機器保護カバーの取付を行う

課題5.鋳造砂やショット玉などの金属製粉塵が原因で機器がすぐに故障してしまう…

⇒漏電ブレーカーやコンセントなどに防塵タイプを使用、堆積によるセンサーの誤作動防止の回路設計を行う

施工事例

これまでに鋳造工場で行った工事の事例をいくつかご紹介します。

作業の自動化や操作性向上のための工事などを行っています。


注湯時間監視装置の自動化


9-3編

炉体の注湯時間を自動監視するシーケンス改造を行いました。

電気炉の自動機能追加


9-4編

電気炉の余熱作業・冷却設備の自動化を行いました。

集塵機用送風機のサーマルリレー交換


9-5編

不具合が生じていたサーマルリレーの交換工事を行いました。

鋳造工場の電気制御工事はサイテックにお任せください。

私たちはこれまでにも鋳造工場で多くの電気制御工事を行ってきました。

これまでの実績から、お客様がどのような場面で困っているのか、それに対してどのように対応すればよいかのノウハウが豊富にあります。

何か工場内の機器に関してお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから


横行ホイストのガイドローラー交換工事

ホイストクレーンの部品交換工事を行いました。

注湯場に設置されているホイストクレーンから、横行時に異音がするから点検し、必要であれば修理してほしいとのご要望でした。

工場内には、クレーンなどの重機が多く稼働しています。これらはちょっとしたトラブルが大きな事故につながってしまう場合もあるため、日頃のメンテナンスや目視点検が大切です。

異音や異臭を見つけた際は、すぐに業者に頼んでチェック・修理してもらいましょう。

工事前の様子

ホイストのガイドローラー

9-1編

工事前のホイストが設置されている様子です。

ガイドローラー

9-2編

部品を解体して確認したところ、破損が確認されました。

当社の提案・施工内容

ホイストを点検した結果、横行用ガイドローラーに破損を発見しました。

ガイドローラーのベアリング部分が上下ともに破損し、原形をとどめておらずに回転不良を起こしていたのが異音として発生していました。

そのため、破損していた部品の交換を行いました。

施工の様子

施工後 ガイドローラー

9-3編

交換したローラーを設置しました。

当社スタッフより

ローラーやベアリングなどの部分は、摩擦により劣化が早く進み、今回のように異音が発生していました。

そのまま気づかずに運転していると、運転停止や大きな事故を引き起こすこともあります。

日頃から機械をよく見て、機械の故障の予兆を察知することが大切です。

ショットブラストのよくある課題

ショットブラストは、金属を錆びにくく加工する、砂やほこりなどの汚れを除去するなど、あらゆる工場で様々な用途で使用されています。

生産工程のなかで必要不可欠なショットブラストですが、使用頻度が高いだけに故障やトラブルもよく起きます。

今回は、そんなショットブラスト特有のよくある課題と対応策についてご紹介します。

そもそもショットブラストとは

ショットブラストとは、金属などの加工物の表面に細かい砂などを吹きかけ、表面を粗く削ることを言います。

表面に細かい凹凸を無数に付けることで、錆を防止したり、滑りにくくする、製品の強度を上げるなどの効果があります。

そのため、金属加工工場や鋳造工場など、様々な場面で使用されます。

オフディレイタイマー1

ショットブラストのよくあるお悩み・トラブル

ショットブラストの主なトラブルとして、以下のものが挙げられます。

消耗品である部品の交換を怠っていたために起こる機械的な問題や、電気的な問題などがあります。

 □エア消費量を削減したい

 □設置された場所や角度がいまいちで、投射が非効率的

 □予期せぬ動作を起こしている

 □研磨材が出ない、漏れる

 □投射が弱くなった

 □外国製の機器を使用しているため、トラブル時の対応が不安

オフディレイタイマー1


オフディレイタイマー1

ショットブラストのお悩みはサイテックにお任せください。

私たちは電気制御工事会社として、お客様の課題を解決します。

主に機械の動作を制御する制御盤を確認・作業し、動作不良の原因を特定して修理したり、また最適な運転を実現するよう制御方法を変更するなどの工事を行います。

様々な工場での実績をもとに、稼働状況や工場内のスタッフの動線を考慮して、最適に運転できるような提案をいたします。

お問い合わせはこちらから


当社のサービス内容

 □動作不良の原因となる電気的トラブルを特定・修理

 □外国製ショットブラストの交換に伴う制御工事

 □制御盤内にタイマーを設置してエア消費量を削減

 □現場近くにスイッチを新設して操作性・安全性を向上

 □部品や機器の新設、交換に伴う配線工事

 □効率的な投射のための架台等の設置

オフディレイタイマー1

施工事例

実際にショットブラストやブロー装置に関して、お客様の課題を解決した事例をいくつかご紹介します。


電磁接触器の交換


9-3編

唸りのような異音があったために電磁接触器を交換した事例です。

ブローガンの取付


9-4編

砂回収のためのブローガン取付と、その効率的な制御を実現した事例です。

エア消費量の削減


9-5編

効率的な吹き付けでエアの消費量を削減した事例です。

エア消費削減のためのインパクトブローバルブ取付工事

常時エアブローしている場所にインパクトブローバルブを取り付ける工事を行いました。

エアブローは、加工工場での洗浄後の水切りや切粉、ほこりの除去、乾燥や冷却など、あらゆる工場で使用されています。

工場全体の約70%のエアを使用しているとも言われているため、エアブローのエア消費量を削減することは工場全体の省エネに直結します。

今回は、特にエアブローを多く使用する鋳造業のお客様より、エア消費量を削減しながら砂の回収量を上げたいというご要望をいただきました。

施工前の様子

制御盤 外観

9-3編

ショットブラストを制御する制御盤と配線の工事前の様子です。
制御盤 内部

9-4編

施工前の制御盤内部の様子です。
連続ショットブラスト

9-5編

これまでは常時エアブローしていました。

当社の提案・施工内容

インパクトブローバルブの取付とともに制御盤内にフリッカータイマーを追加しました。

エアーブローの吹き付け時間は、これまで常時吹き付けていたものから、0.5秒間吹き付け、2.0秒間停止させるようフリッカータイマーにて制御しました。

さらに、効率的に砂を回収できるようにエアーブロー場所を変更しやすいよう架台を作成しました。

施工中の様子

施工中の様子

9-3編

制御盤内部を作業している様子です。

施工後の様子

制御盤 外観

9-3編

制御盤から上にのびる赤い配線が、今回あらたに設置した配線です。
制御盤 内部

9-4編

フリッカータイマーを新たに取り付けました。(写真の赤枠部分)
インパクトブローバルブ

9-5編

エアブロー場所を自由に変更できるよう架台を設置しました。

当社スタッフより

社員7
インパクトブローバルブの取付により、エアーの消費量を20%ほど削減することができました。

砂の回収量の効果については、正確な数値がわかるには時間がかかりますが、現場スタッフの体感としては以前と同等かそれ以上であるとのことです。

実際のオペをお客様と確認して、エアブローの角度や位置を調整しました。

てご通信 vol.15

6

「土日工事人員、点検人員お任せ隊」!電気工事・電気制御工事ならばサイテックへお任せください!

突然ではございますが、工場の補修で土日工事の人員にお困りの方いらっしゃいませんか。

「人手が足らない」
「今までの業者が廃業した」
「高年齢で今後が心配」・・・など

そのような時は、是非当社にもお声がけいただけますと幸いです!

<当社のお客様対応姿勢>
明朗会計
  人工で計算、諸経費、管理費(指示ありならば不要)
  初回打合せは無料(2回目から有料)
  材料費は当社準備(必要あればお客様準備)
  消耗品も実費(溶接機などのガソリン代他)
  工具使用料は弊社が負担します(特殊なものは別途)。
全人員 有資格者
価格はお電話にてお答えいたします。

岡山県倉敷市の電気工事・電気制御工事会社

私達サイテックは岡山県倉敷市に本社を置く電気工事・電気制御工事会社です。一昨年より、事業拡大を目指し、人材採用・育成へと取り組んでまいりました。

まだまだ小さな会社ではありますが、小さいながらに小回りを利かせ、お客様にご納得いたいただく工事・提案を準備しています。
今回は、「土日工事人員、点検人員お任せ隊」と題して、本ニュースレターの題名である皆様の「てご」をさせて頂ければと思っております。

実はこのような工事が控えていて…実は工事会社の変更を検討していて…今後の為に情報収集をしたい…といった気軽なご相談で大丈夫です。

電気制御工事領域は特に人手不足・技術継承の課題が叫ばれています。一方で、製造の合理化を考えるとなくてはならない工事。私達の工事が皆様のお役に立てますと嬉しく思います。

当社の工事領域を紹介します

電線管工事

9-3編

ケーブル延線工事

9-4編

照明工事

9-5編

制御盤工事

9-3編

機器更新工事

9-4編

電気設備点検

9-5編

制御盤点検

9-3編

電気回路図面作成

9-4編

その他にも、以下の工事に対応しています。

・外国製制御装置の国産化       ・工場のIoT化
・センサーを活用した安全対策工事   ・PLC更新(リプレース)
・アナログメーターの常時見える化   ・PLCトラブルリスク診断
・製造ラインにおける画像処理導入   ・照明のLED化
・空調設備の省エネ制御        ・エアコンプレッサの省エネ制御



てご通信 フッター

新設のサーボモーター盤の一次配線敷設工事

鋳造工場にて、新設予定の設備の一次側配線工事を行いました。

お客様の工場で新たにサーボモーターを導入するため、その一次側配線を敷設してほしいとのご要望でした。

回転速度や位置(角度)を正確に制御できるサーボモーターは、超高速や超精密な制御を行う産業機械の構成要素として、いまや必要不可欠なものになっています。

今回の事例は、お客様からよくご依頼いただくのひとつである、新しい設備の導入に伴う配線工事です。

工事前の様子

施工前 ブレーカー

9-3編

既設のブレーカーの容量は100Aでした。
施工前 盤の繋ぎ込み部

9-4編

施工前のブレーカーの繋ぎ込み部分の様子です。

当社の提案・施工内容

新設するサーボモーター盤の容量が大きいため、変電室のブレーカー容量をアップし、相応のケーブルを敷設しました。

事前に行った工事にて敷設した配管に、今回交換した200A のブレーカーからケーブルを敷設しました。

なお、変電室での作業が必要となるため、事前に各所に伝達していただき工場内を停電して工事を行いました。

施工中の様子

施工中の様子1

9-3編

高所作業車も使って工場内天井付近の配線敷設を行っています。
施工中の様子2

9-4編

作業員は、工場内に適した安全装備を付けて工事を行います。
施工中の様子3

9-5編

天井から屋根の上へ敷設しています。
施工中の様子4

9-3編

屋外でのケーブル敷設の様子です。

施工後の様子

施工後 ブレーカー

9-3編

200Aの容量のブレーカーに交換しました。
施工後 繋ぎ込み部

9-4編

一次側配線をつなぎこみました。
施工後 屋外ケーブル

9-5編

屋外から屋内へケーブルを敷設しました。

当社スタッフより

社員7
今回工事を行った時点ではサーボモーター盤はまだ設置されていなかったため、設置予定地の直前まで敷設し、繋ぎ込み時には停電させることなく施工できるようにいたしました。

このように、後工程のことも考え最小限の停電時間で済むような提案も可能です。

新たな設備導入時の配線工事も私たちにお任せください。

モーターのサーマルトリップ

コンプレッサやポンプ、ファンなどのモーターを動力とする機械が頻繁に停止してしまうというお悩みはありませんか?
根本的な原因を特定し解決しなければ、同じ状態が続いてしまいます。

モーターが停止する原因は、モーターに機械的・電気的なトラブルがある、もしくはその先の機械に何らかのトラブルが生じていることで、サーマルがトリップしてしまうことが多いです。

「サーマルがトリップする」とは一体どういうことか、解説していきます。

オフディレイタイマー1

オフディレイタイマー1

サーマルリレーの役割

三相モーターなどの負荷は、過電流などが原因で焼損故障することがあります。
焼損故障を起こしてしまうと、設備が停止してしまい、またモーターも修理する必要があるので、大きな損失をもたらしてしまいます。

このような焼損故障を防ぐために制御盤内に設置されているのがサーマルリレーです。
サーマルリレーは、熱によって動作する保護継電器であり、熱動継電器とも呼ばれています。
過電流が流れる(過負荷がかかる)とサーマルリレーが回路を遮断し、機械を保護します。
このサーマルリレーが作動して回路を遮断することを「サーマルがトリップする」と言うのです。

サーマルトリップしてしまった場合、サーマルリレーのリセットボタンを押して回路をもとに戻すことができますが、根本原因を解決しなければ、またすぐにトリップしてしまいます。

オフディレイタイマー1


オフディレイタイマー1

モータートラブル時の点検実務レポートをプレゼント

今回工場担当者様向けに、「産業用モータ 故障トラブル時の点検実務レポート」を作成しました。
このレポートでは、最もポピュラーな誘導モータを例に、モータ緊急停止時の原因特定でどのようなことが現場でできるのかをまとめました。
このレポートの内容を勉強することで、モータが停止したときに確認すべきことを知り、モータの早期復旧につながることでしょう。

バナー1

※レポートの無料ダウンロードをご希望の方は、上のバナーをクリックしてください。
ご用件で「お問い合わせ」をチェックし、「お問い合わせ内容」に「モータレポートのダウンロード」とご記入ください。

過電流・過負荷の原因

過負荷・過電流の原因としては、主に以下のものが挙げられます。
何が原因なのかをしっかりと特定する必要があります。

 □一度に多くの機械を動かしすぎた

 □モーターの欠損

 □モーターベアリング部の損傷

 □漏電、短絡(ショート)

 □油等の付着、ごみ噛み(ファンなどの場合)

オフディレイタイマー1

サーマルリレーのトラブルはサイテックにお任せください

私たちは、岡山県倉敷市を拠点に電気制御工事を行う会社です。
サーマルリレーに関するご相談もこれまで数多くいただいてきたので、私たちの工事手順をご紹介します。

電気制御のプロとして、しっかりとお客様の課題を解決し、またアフターフォローやその後の設備運用のアドバイスなども行っていますので、
なにかお困りのことがございましたら、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから


1.制御盤にて原因を調査

制御盤面や盤内の状況を確認し、過負荷が原因でサーマルトリップが起きているのか、モーター回路の絶縁不良が原因で漏電が起きているかなどを確認します。

また、サーマルリレーが正常に作動しているかも確認します。
電流値がサーマルリレーの設定値以下にもかかわらずトリップしてしまうというケースもあるため、
そのような場合は、機器の交換・繋ぎ込み工事も行います。

オフディレイタイマー1

2.電動機の電気的・機械的故障をチェック

電気的な問題を確認するために、絶縁抵抗測定や、コイルのバランスに問題が無いかなどをチェックします。

機械的な問題の確認として、電動機を手で回して固着が無いかベルトの張りすぎがないかなどをチェックします。
また、虫やほこり、油などの汚れの付着が原因の場合もあるため、その場合はごみの取り除きも行います。



オフディレイタイマー1

3.最後に試運転

原因を特定・解決したら、最後に試運転を行い電動機軸受の異音が無いか、電流値は正常か、などを確認します。

しっかりと問題を解決したことを確認し、お客様に引き渡します。




オフディレイタイマー1

無料レポートダウンロードは以下より

今回工場担当者様必見!「産業用モータ 故障トラブル時の点検実務レポート」は、以下のバナーよりダウンロードできます。
こちらのレポートを確認すれば、トラブル時に慌てず早期発見することにつながります。

バナー1

※レポートの無料ダウンロードをご希望の方は、上のバナーをクリックしてください。
ご用件で「お問い合わせ」をチェックし、「お問い合わせ内容」に「モータレポートのダウンロード」とご記入ください。

バケットエレベーターの現地操作ボックス新設工事

鋳造工場にて、バケットエレベータの操作ボックス設置工事を行いました。

工場内に設置された2機のバケットエレベーターについて、現場にて寸動運転(インチング運転)ができるようにしてほしいとのご要望をいただきました。

既設の操作盤とは別で現場でも操作できるようにするとのことで、同時操作による事故が起きないよう設計しました。

工事前の様子

既設の制御盤

9-3編

既設の制御盤の様子です。
施工前 対象設備周辺

9-4編

新しく操作ボックスを設置する箇所です。
施工前 対象設備周辺

9-5編

配電盤と配管を敷設する箇所です。
施工前 シーケンス図

9-3編

改造前のシーケンス図です。

当社の提案・施工内容

対象設備である連続ショットブラストの近くに操作ボックスを追加設置しました。

今回ご要望を受けた寸動運転(インチング運転)は、創業時の自動運転中ではなく、ベルトの交換時などの保全作業で使用することを目的としていました。

そのため、自動運転中の誤作動防止及び保全作業中の安全性を重視し、制御盤での操作と現場での操作を同時に行えないよう設計しました。

施工後の様子

施工後 制御盤

9-3編

制御盤の操作部分にあらたにキースイッチを設置しました。
施工後 対象設備周辺

9-4編

現場付近に操作ボックスを設置しました。
施工後 対象設備周辺

9-5編

2機のバケットエレベーター操作スイッチの配電盤・配管の様子です。
施工後 シーケンス図

9-3編

制御盤と現場操作ボックス両方のキースイッチが「制御盤」となっていることを運転条件に追加しました。

当社スタッフより

社員7
「制御盤だけでなく現場でも○○を操作できるようにしたい」というのは、工場で作業している人にとって良くいだく願望だと思います。

複数の場所で操作できるようにする際問題となるのが、安全性です。

一方で操作している時にそれを知らずに別の場所で操作して事故が起きてしまう、ということは避けなければいけません。

私たちは、安全性を確保したうえで設備稼働の効率性を上げる工事も得意としています。

てご通信 vol.14

6

「最新版の制御図面が手元にない」という状況、実は多くの事業所であります。

手元に、各制御装置の電気回路図・制御図面はしっかりと保管されていますでしょうか?

このような質問をすると「実は残っていなくて」「小さな改造を続けていて、図面はあるが最新版の物ではない」という状況がよく聞かれます。

確かに、図面の管理は大変ですが、適切に管理をしておかなければ後になって大変になる場合もあります。

図面1

図面がなくて困る場面は機器のトラブル修理時以外にもあります!

機械のトラブル時、その制御図面が有るか無いかは復旧のスピードに大きく影響します。

その他にも図面がなくて困ったというような事例をご紹介します。

図面の管理は大変ですが、困りごとになる前に最新版にしておきましょう。

図面がなくて技術継承が難しい

保全担当の方の世代交代や新人育成という場面は多くあります。

その時に、現状を資料として引き継ぐのですが、その情報がなくて苦労したという声も聞かれます。

制御の改造をしたくても、現状の制御状況が見えておらず手間が掛かる

PLC内になる制御プログラムを見ても、どのようなプロセスフローになっているのかがまとまっていなければ、改造のしようがありません。

そのような場合は、まずはリレー図・シーケンス図に書き上げる事からスタートします。

機器のリプレースの時にどのような制御プログラムを書けばよいのかわからない

機器の劣化によってリプレースをする際、現状プログラムを書き換える必要性が出る場合もあります。

その場合も、図面から全体の挙動を確認し、組み上げていく事が求められます。


当社で行った図面製作の業務をご紹介します

いつかやらなければと思いつつも時間が確保ができず先延ばしというお声を時に聞きます。

当社では図面作成業務も対応可能です。先ずは皆様の状況を伺わせてもらえればと思います。

外国製制御の国産化にあたっての図面作成

<食品製造業 Y社様 PLC国産化工事>
外国製の製造機器を改造したい場合、その図面や説明資料が外国語で書かれていて理解ができないというケースがあります。

外国製PLCの国産化にあたっては、それら制御の図面を一度整備することから行っていきます。

本件では手書きの制御図面がある状況で、ここから状況を把握、回路図を作成し国産の制御装置へプログラミングしてきます。

設備更新前の図面整備

<金属加工業 N社様 図面作成業務>
機器更新をする際、更新前と同じような挙動をするかは稼働させてからでなければわかりません。

その為に、既存設備の制御状況を把握することが必要となります。

PLCの情報と稼働状況を確認し、制御図を書き上げ更新に臨んでいただくことになりました。

こちらも手書きの図面からのスタート。一度データにして、それから新たな機器へと落とし込んでいきます。

図面整備の支援

<機械加工業 K社様 図面作成業務>
図面を整備し、最新版の物に刷新するというお客様要望からご相談を頂き、当社もサポートさせていただきました。

制御図においては、導入時の図面はあるものの、改造を繰り返しており、図面との齟齬を直してほしいという要望でした。

一つ一つ確認をしていきながら、図面のアップデートを進めていきました。

てご通信 フッター

注湯時間監視装置の自動化工事(2)

鋳造工場にて、電気炉の注湯時間監視装置の自動化工事を行いました。

電気炉の注湯時間監視装置において、これまでは監視開始を手動で行っていたものを自動化したいとのご要望でした。

以前同じ工場で同様の工事を行い、その追加工事となります。

前回改造した電気炉は高周波炉だったのに対し、今回は低周波炉のため、カウントする信号も別のものを採用しています。

工事前の様子

傾動操作レバー

9-3編

既設の傾動操作レバーの様子です。
操作盤 外側

9-4編

既設の操作ボックスの工事前の様子です。
操作盤 内部

9-5編

既設の操作ボックスの内部の様子です。

当社の提案・施工内容

電気炉の炉体を一度傾動させた後の着座を監視開始とし、注湯時間のカウントを開始させる改造をしました。

監視開始のタイミングの誤差などはあまり気にしないとのことで、近似値となる信号で監視を開始する設定にしました。

具体的には、炉体を上昇・傾動させるレバーにリミットスイッチを敷設し、動作の検知を行います。

動作検知から監視開始までの具体的な秒数は、現場の作業を実測で測り設定しています。


施工後の様子

傾動操作レバー

9-3編

レバー付近にリミットスイッチを設置し、部材費を抑えました。
操作ボックス 外側

9-4編

操作ボックスにカムスイッチを追加しました(真ん中上から2行目)。
操作ボックス 内部

9-5編

切替スイッチを増設し、既設の操作ボックスへの繋ぎ込みを行いました。
施工後 シーケンス図

9-3編

レバーを1秒以上傾動後、炉体操作なし及び下降・傾動操作を8秒以上行うことでカウント開始するよう設計しました。

当社スタッフより

社員7
工場で自動化をしたい作業について、私たちは設備の稼働状況等を詳細に聞いて実現します。

自動化を進める上で、様々な要望や課題があると思います。

例えば今回の場合では、部材費をなるべく抑えたいとのことで、現場オペレーションの了承のもと、リミットスイッチを傾動レバーの付近に設置しています。

また、誤作動をなくすよう注湯以外ではなるべく反応しないようなラダーを設計しました。

ソフトなどを導入せずに工場の自動化を実現したい方は、私たちにお任せください。