ブログ

カテゴリー別アーカイブ: ソリューション

PLCのリスク診断

PLCは精密機器です。生産機械や制御盤に収まっており、普段触れることがなく、また、故障する前兆が見えづらい為にそのままにしている事業者様が多いですが、工場稼働の中枢を担う部品であり、故障した際は大きな被害に直結するものです。サイテックでは、PLCのリスク診断を行っており、お客様の制御装置の設置状況を踏まえて安心をして使用できるものなのか、部品交換や故障危険性があるものなのかをお伝えしています。

サイテックのPLC診断

当社ではPLC診断として以下の項目をチェックし、お客様に診断報告書をご提出させていただいています。





診断項目

□周辺温度(劣化に直結する環境下にないか)

□冷却フィルタ(目詰まりなどにより稼働が抑制されていないか)

□電源電圧(指定範囲内の電圧か否か)

□端子ねじ(ゆるみなどの機械的な不具合が発生していないか)

□目視確認(被覆や配線敷設の仕方などについて不備がないか)

□バッテリー(耐用年数内であるか)

□プログラム(バックアップの有無)

□予備品(予備在庫の有無)






診断にあたって

事前にお打合せをさせていただき、実施スケジュールを設定いただきます。当日は、貴社電気設備ご担当者様に同行を頂きながら場所や留意事項の確認をさせていただき、その後、当社スタッフにてPLCトラブルリスク診断を実施させていただきます。

診断後にご報告書を提出いたします。報告書は、診断対象のPLCごとに作成をして、運用上のトラブルについて課題があるか否かのご報告をさせていただきます。トラブル要因と判断された事項については、別途解決策のご提案をさせていただきます。

私達のPLCリスク診断の特徴

当社のリスク診断では、以下の点をお客様から評価いただいています。

制御工事会社が行うリスク診断

何よりも制御工事会社が行うリスク診断であるという事で、現場の状況に即した必要項目や課題提示ができるという事です。私達サイテックでは、今まで多くの事業所の電気制御工事、PLCリプレースや改造などの工事を行ってきました。そこで経験をしてきた他社の良い取り組みや課題点を踏まえて、リスク診断を行っていきます。現場を知っているからこその診断ができるという事が最大の特徴と言えます。





具体的な運用にまで踏み入った提案

リスク診断を行った後に診断結果と合わせて各PLCの更新時期やメンテナンスタイミングについてもご提案させていただきます。最も重要なことは、予想耐用年数よりも早く更新が必要であると思われる機器の存在です。一般的な更新計画では把握しえない情報をこのPLCリスク診断ではご提示します。





継続運用に合わせて改善を考えられる

今のPLCをそのまま稼働させていくことも可能ですが、これを機会として回路設計の変更やより効率的な制御について一緒に考える機会になります。私達の工事実績は、他者で取組んでいる制御改善事例であり、その事例をベースに貴社の制御方法のご提案をすることができます。診断から改善、リプレース・更新までを一貫してご提案できる点が当社の強みであると言えます。





工場の安全対策

センサーやスイッチなどの機器を導入することは、工場の安全性を大きく向上させます。

サイテックは、電気回路設計ができる技術者が在籍しているため、機器の選定から設置、電気回路の改造までを一気通貫で行うことができます。

そのため、「機器の設置をセンサー業者に、回路の改造・接続を電気工事会社に」と複数の業者に依頼する手間を省くことができます。

お客様のご要望を丁寧にお聞きし、さらに既存の工場設備の状況を踏まえ、最適なご提案を提供できることがサイテックの強みです。

オフディレイタイマー1

工場の安全対策機器

工場の安全対策の基本は、人と機械の作業領域を「隔離」することと、機械稼働エリアに人がいる時に機会を「停止」させることです。
その「隔離」と「停止」を確実に行うのに有効なのが、センサーやスイッチなどの安全機器です。
今回はそのような、工場の事故防止に役立つ技術の一部の例をご紹介させていただきます。

セーフティドアスイッチ(セーフティドアセンサ)

セーフティドアスイッチ(セーフティドアセンサ)とは、機械を囲む柵や扉に
取り付け、機械の稼働時に人が柵内部にいる状況をなくすインターロック装置
です。

工場内の機械は、事故防止のために柵や扉で隔離されていることが良くあります。
しかし、機械のメンテナンスや修理の際には人が柵や扉の内部に入り、点検や
作業をする必要があります。
このように人が機械に近づいている時に誤って機械が稼働してしまうと、事故が起きる可能性が高まります。

セーフティドアスイッチ/セーフティドアセンサは、機械稼働時には扉がロックされるようになっており、ロックを解除する際には機械に停止命令を出します。
「機械稼働時に人が内部に侵入している」という状況が起き得ないようにして、工場内の安全を確保します。

オフディレイタイマー1

ライトカーテン

ライトカーテンとは、扉のない出入口などで、人や物の通過を光で検知する安全機器です。

危険区域の出入口となる場所の両端に、光線を出す投光部と光線を受ける受光部を並行に設置し、この間を人や物が遮ったときに機械を停止させます。

工場内の構造や作業員の動線の関係で扉や柵を設置するスペースがない場合でも、しっかりと安全を確保できることが特徴です。

また、検知対象によって光線の本数を減らしてコストを削減するなど、使用方法に応じて設定を変更することも可能です。

他の安全対策機器などと組み合わせて使うことで、安全性をさらに高めることができます。

オフディレイタイマー1

セーフティレーザースキャナ

セーフティレーザースキャナは、反射型の安全センサです。

作業者が危険区域内に侵入したときに機械に停止命令を出し、また危険区域内に作業者が存在している時に機械が作動しないようにします。

小さな機器で設置に場所を選ばず、また保護領域を自由に設定できることが大きな特徴です。

また、保護領域とは別に警告領域というものを設定することで、不要な設備停止を防ぐこともできます。

オフディレイタイマー1

マットスイッチ

マットスイッチは名前の通り、マット型の安全機器です。

作業者がマットを踏むと、センサ内部の接点に圧力がかかり、機械を停止させます。また、作業者がマットを踏んでいる間は機械が起動しないようにします。

サイズや材質を選択し、各設備環境に合わせて設置することができます。
産業用ロボットなどの周辺に敷いて使用されることが多いです。

ロープスイッチ

ロープスイッチは、ベルトコンベアやローラーコンベアなど、広範囲に広がる機械に適した非常停止スイッチです。
コンベアの異常を発見したときにすぐにコンベアを停止できるよう、非常停止スイッチが必要ですが、非常停止押しボタンを設置するとなると何個も設置する必要があり、また停止させるのにタイムラグが生まれてしまいます。

そこで最適なのがロープスイッチです。
ロープスイッチはコンベアに沿って連続して設置されており、異常を発見したときにロープを引っ張ることでコンベアを停止させることができます。
非常停止押しボタンのように何個も設置する必要がないため経済的であり、異常を発見してから停止させるまでのタイムラグも最小まで減らすことができます。

岡山県倉敷市の電気工事会社

私たちは岡山県倉敷市の電気工事会社です。
岡山県内の事業者様から、これまで工場の安全対策に関する工事のご依頼も多くいただいてきました。

工場や対象機械の設置・稼働状況などにより、適切な安全対策機器は異なります。
豊富な知識と経験をもとに、お客様に最適な機器の選定、設置方法を提案いたします。

そして、安全機器の設置から電気回路の改造までを一貫して行うことで、お客様の工場の安全性を確実に向上させます。

倉敷、岡山の事業者様で工場内の安全対策について何かご相談したい方がいらっしゃいましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

ファンの過負荷調査

排気ファンが過負荷により何度も停止してしまうというケースがあります。

モーターなどの電動機には、破損を防ぐためにサーマルリレーなどの継電器が備え付けられています。
規定値以上の電流が一定時間以上流れた時に、サーマルリレーが配線を遮断する(トリップする)ことによって、モーターなどの電動機を故障から守ります。

サーマルリレーが正常に作動し、故障や事故から守っているのは良いことですが、過負荷の原因を特定しなければ毎回サーマルトリップが起き、ファンが正常に作動してくれません。

排気ファン 拡大


サイテックの特徴

一般的な電気工事会社では、問題と考えられる部品の交換を行って終了、ということもあります。
しかし弊社では、過負荷の原因を詳しく調査し、原因を特定します。

これにより、部品の交換を行う必要がないのに交換してしまう、といったことを防ぐことができ、結果的に費用を最小限に抑えることにつながります。
さらに、原因を明確にさせることで、再度過負荷が起きないよう正しい対策を取ることができます。

排気ファンの過負荷調査の施工事例はこちらから

過負荷の原因

過負荷の原因としては、機械的トラブル、電気的トラブル、その他のトラブルが考えられます。
以下で紹介する過負荷の原因となるトラブルをひとつひとつを確認し、確実に原因を特定します。

機械的トラブル

〇三相誘導電動機
工場で最もよく使用されているモーターは三相の電源を持つ三相誘導電動機
(三相モーター)です。
三相のうち1つ以上の相が断線、接続部のゆるみ、接触不良などが原因で作動しない状態を欠相と言います。
この欠相状態でモーターを起動すると、過負荷を検知してサーマルトリップします。

オフディレイタイマー1

〇モーターベアリング
モーターには、回転部分を正しい位置で支えるための軸受(ベアリング)があります。
ベアリングの異常としては、ごみの侵入、潤滑剤の不足・過多、衝撃を受けたことによる損傷などがあります。
ベアリングが故障すると、モーターに過負荷がかかってしまい、サーマルリレーが作動してストップしてしまいます。
異常音や熱の発生などで検知することができます。

オフディレイタイマー1

電気的トラブル

〇漏電
電気が本来通る回路から外れて流れてしまうことを漏電と言います。
ケーブルがネズミなどによってかじられて損傷している、電気接触部分に堆積したほこりが空気中の水分を吸収して発火する(トラッキング現象)、水濡れ、絶縁体の経年劣化などにより漏電が発生します。



オフディレイタイマー1

〇短絡(ショート)
電気抵抗を介さず、プラス極とマイナス極が直接つながることで大きな電流が流れてしまうことを短絡(ショート)と言います。
感電や火災を引き起こしてしまうのを防ぐためにブレーカーがトリップし、回路を断線します。

オフディレイタイマー1

その他のトラブル

〇汚れの付着
排気ファンやエアフィルターは長期間掃除をしないでいると、ほこりや油、虫などのごみが付着してしまいます。
これによりモーターの回転子に負荷がかかり、過負荷によってサーマルトリップしてしまいます。




オフディレイタイマー1

メンテナンス

オフディレイタイマー1

過負荷を防ぐためには日頃のメンテナンスが重要です。

 □プラグやコンセントを定期的に外し、ほこりを掃除する
 □ケーブルや絶縁体の状態を確認し、劣化が進んでいる場合には交換する
 □モーター稼働時に異常音が発生していないか確認する
 □モーターやフィルターを定期的に掃除する

これらを行うことで、ファンが過負荷によって稼働しないという事態を防ぐことができます。

岡山県倉敷市の電気工事会社

サイテックは、岡山県倉敷市の電気工事会社です。
倉敷市内や岡山県内の事業者様を中心に、これまで多くの工場の電気設備の工事を行ってきました。

ファンの過負荷調査に関する実績も豊富にあります。
電気のスペシャリストがモーター、ケーブル、プラグ、ファン、フィルター等の器具をひとつひとつ丁寧に調査し、確実に原因を特定いたします。
お客様の課題を解決したうえで、再度起こらないよう具体的な対策などもアドバイスさせていただきます。

「ファンがすぐに停止してしまい、原因がわからない」という方がいらっしゃいましたら、弊社にお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

PLCの更新・リプレース

PLCの耐用年数は、10年を目安とされています。実際にはもっと長く使われるケース、既に更新・リプレースをするのに適切な時期になっていても対処されていないケースも見られます。また、有寿命部品(アルミ電解コンデンサ、リレー、電池、光通信素 子など)を使用しているモジュールは、これら部品の寿命がPLCの寿命となるため、10年に満たなくとも交換が必要となる場合があります。(特に、アルミ電解コンデンサの寿命を基に寿命とみる場合が多く、その部品は熱・温度による劣化を大きく受ける部品なので、設置状況が非常に重要となります。)


PLCは機械稼働の司令塔ともいえる存在、まだまだ使えるから大丈夫だろうと思って使っていても、故障した時に大きなトラブルに直結するものです。適切なタイミングで適切な更新・リプレース作業を行う事をお勧めいたします。

更新・リプレースを検討すべきポイント

以下のような事象に合致している事業所様はPLCの更新・リプレースを検討されることをお勧めします。長年、事業所運営をしていく中で情報整理ができていないことも、運営上のリスク要因となります。

継続運用上におけるリスク

□すでに廃盤になっており、故障したとき、代替品が入手できない

□設定方式が現行品と異なり運転パラメーターの変更ができない

□設備改造したいが、ソフト変更できない

□通信が含まれたシステムで更新可能か不明

□海外製のPLCで、改造ができない

情報整理における課題点

□納入時の資料・ハード図面が無い

□改造履歴・コメントデータの資料が無い

□既設PLCのローダーが無い

□各種資料の保管担当が曖昧

Engineering electricity blueprint rolls

廃盤品は7年が目安

上記に合致するPLCについては、トラブルが起きた際、復旧に時間を要するリスクがあります。また、旧製品の場合、通常生産終了から7年間は修理可能と言われていますが、それ以降は修理対応も難しくなり、一層復旧に関するハードルが上がります

更新・リプレースによって得られるメリット

更新・リプレースするという事によって、トラブルを未然に防げるようになることは勿論のこと、以下のようなメリットがあります。

□製品の小型化により、設置面積・体積が小さくなる

□新しい機能が付加されることで、機能の拡張性が上がる

□プログラミング自体も簡単になる

□汎用パソコンでのプログラミングが可能となり、専用ツールが不要となる

□支援ツールがあるものについては、汎用的なプログラムの活用ができ工期短縮

サイテックのPLC更新・リプレースの手順

サイテックでは、以下の手順をもってPLCの更新・リプレースを行っています。

事前現地調査

先ずは、現状を把握しなければなりません。また、現状の図面と稼働状況が合致しているかが重要で、齟齬がある場合一つ一つの挙動について確認をしていく必要があります。

□設備・稼働状況確認

□現状図面との読み合わせ、照合

□既存のプログラムの読み込み、内容の確認

IMG_0380_R

施工準備

事前調査事項を踏まえて、更新・リプレース対象PLCの選定を行います。また、新たなPLCに合わせた電気回路図を書き、プログラムへと書き上げていきます。

□更新機器選定

□I/O置き換え表作成

□ハード・PLCの図面作成

□ソフトの変換の段取り・実施

2

当日施工

準備をした内容をベースに施工を進めてまいります。できる限りコストを抑えられるよう、既設配線の活用を最優先にしてまいります。また、最後に通電テスト、試運転までを行い、無事に稼働するかを確認していきます。

□既存PLCの設備からの切り離し(配線外し)

□更新機器の取り付け・配線組み

□各種通電確認、必要な絶縁測定

□試運転の実施、トラブルの有無の確認

※トラブル発生時はその場で対策を検討し、改善します。

14

完了後

最後に完成図面をお渡しします。この図面は、今後のメンテナンス時に必要となりますので、しっかりと保管を頂きますようお願いします。

PLCを安心して使っていただくために

PLCには目安の寿命がありますが、その通りに故障することは決して多くないですし、また、予想よりも早い時期にトラブルを起こすこともあります。そのような事象をできるだけ起こさないように、また、起きてしまってもすぐに復旧ができるように、以下の点について日頃から気を付けましょう。


□定期的なバッテリーの交換
バッテリータイプのPLCの場合、40℃以下で稼働している場合、2~3年に1回が目安です。月に1回等、定期的にバッテリー交換ランプが点灯していないか、確認することが大切です。


□パラメーターのバックアップ
仮にトラブルが起きて、PLC内のプログラムが消えてしまった場合、復旧に大変なコストと手間が掛かります。上記のバッテリー交換タイミングと合わせてバックアップは取っておきましょう。


□制御盤の熱対策
制御盤は熱・気温によって寿命が短くなるものです。特に熱源設備の近くに置いていある制御盤については、移設が望ましいですが最低限定期的な点検・診断・対策が必要です。先ずはの対策として熱対策も有効です。


□接点寿命がある部品の定期交換とトランジスタ出力化
PLCのリレー出力ユニットや電磁開閉器、電磁接触器などには寿命がありますので、各備品の寿命を踏まえたメンテナンスを行いましょう。


□図面とソフトウェアの保管
更新やメンテナンスを行っていく中で図面が最新版になっていないという場面によく出会います。工事をするにあたって、一手間必要となる為、大切に保管するようにしましょう。

製造停止のPLC一覧

以下に製造停止が発表されているPLCを列記します。該当のPLCを使用している場合は、交換部品の市場流通が減っていく傾向、或いは、すでに流通していない場合もありますので、更新・リプレースを検討されることをおすすめします。


三菱:Aシリーズ(大型)、A0J2シリーズ、A1Sシリーズ、FX2シリーズ、Lシリーズ

オムロン:C200Hシリーズ、C500シリーズ、C1000Hシリーズ、CV/CVM1シリーズ

岡山県倉敷市の電気工事会社

サイテックは、岡山県倉敷市の電気工事会社です。
倉敷市内や岡山県内の事業者様を中心に、これまで多くの工場の電気設備の工事を行ってきました。

PLCの更新・リプレース工事もこれまで数多く行ってきました。
岡山県内でPLCの更新を検討している方がいらっしゃいましたら、お気軽に私たちにお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

外国製制御装置の国産化

PLCなどの制御装置は、工場を運転するうえで非常に重要な装置の一つです。
日本の事業所では、国内製のほかに外国製の制御装置も使われています。
設備導入時に外国製の設備を導入したため、それに付随して制御装置も外国製のものを導入したというケースがある
からです。

しかし、そんな外国製の制御装置を使用していると、あるタイミングで困りごとが発生してしまう場合があります。
それが、主に故障時と更新時です。

制御装置の一般的な更新期間は約10年と言われています
制御装置が故障すると、最悪工場全体が一定期間停止してしまいます。
そんな事態を防ぐために定期的なメンテナンス・更新が必要ですが、ここで外国製ならではの課題が発生する場合が
あります。

外国製制御装置の更新時の課題一覧

外国製制御装置を使用する際に直面する課題として、以下のようなものがあります。

  • 海外製の為、制御部品の調達に莫大な時間とコストがかかる
  • 設備更新のための工場停止時間が長くなってしまう
  • 保守費用が高い
  • 製造ラインの改造をしたいが、外国製制御装置との対応をしていない
  • 以前の代理店がなくなり、どこに頼めばよいかわからない
  • 当時のエンジニアがいなくなり、対応できる人がいない
  • 図面や説明書が英語で、よくわからない
  •  
    このように、外国製ゆえに設備更新にコストと時間がかかる、何かトラブルが発生したときに迅速な対応ができない、といった問題が生じることもあります。


    Terminal of control . Control panel assembly with wire and terminal box, ground terminal,personal earth terminal

    国内製制御装置への切り替え

    上記のようなお困りごとを抱えているお客様に、私たちは「国内製制御装置への切り替え」を提案しています。
    国内製のものへと変えることで、次のようなメリットがあります。

    <国内製制御装置への切り替えのメリット>

  • 国内の汎用品を用いるため、調達にかかる時間とコストを大幅に削減できる
  • 更新のための工場停止期間を短縮できる
  • 対応可能なエンジニアや会社が多く、トラブルに対して迅速に対応できる
  • メンテナンスが簡単になる
  •  
    国内製の制御装置に変更することで上記の課題を解決し、その後のメンテナンスなどに費用と期間の面で大きな
    メリット
    をもたらします。

    岡山県倉敷市の電気工事会社

    私たちサイテックは、岡山県倉敷市の電気工事会社です。
    倉敷市内や岡山県内の事業者様を中心に、これまで多くの工場の電気設備の工事を行ってきました。

    シーメンス製から三菱電機製への変更事例など、制御装置の外国製から国内製への変更の施工事例も
    豊富にございます。

    倉敷、岡山の事業者様で制御装置の更新期間が迫っている方過去に制御装置の更新・修理等で困った経験がある方は、お気軽に私たちにご相談ください。

    お問い合わせはこちらから